クリニック、薬局の内装aac施工事例
home > 施工事例
工事前工事後比較
 
思いをかたちにする仕事
 
何もないがらんどうの空間から、私たちの仕事が始ります。
先生方ひとりひとりの「想い」。患者さんから来られた時のその想いが伝わるように、何もない空間を「カタチ」にしていきます。
           
Sクリニック不安を抱えて受診されている患者さんに少しでも安らいで欲しい。
アメニティーに気配りされる先生が増えてきています。
クリニックでありながら、クリニックのようではない空間造りをご提案します。
(三浦市Sクリニック様)
会社勤めの皆様をターゲットに開院されました。
港区 虎ノ門アイクリニック様
Kクリニック
内階段を設けて、2フロアを利用したクリニック 1階は受付、待合、診察室、処置室、2階はX線室やスタッフルーム等
(中央区Jクリニック様) 
Kクリニック
顔だからこだわりをもって
トップに戻る
  
一から造るのであれば、他人と同じではつまらない。デザインの甲斐があるのでは、やはり建物の「顔」であるフロントデザインや受付のカウンターです。先生方のお好みと、私たちのデザイン力。その二つが合わさって、たったひとつのクリニック・薬局が出来上がります。
 
Sクリニックガラス色のアクリルから、埋め込んだ照明のやわらかい光がこぼれる。
(旭区 二俣川眼科医院様)
  
木目と曲線で落ち着いた雰囲気の待合室
小平市 Hクリニック様
Sクリニック
  
Sクリニック待合→診察→処置→会計の流れが一方向で完結するレイアウトになっています。 
(横浜市Kクリニック 様)
 
過去の経験から、ご提案できることがあります。
 
トップに戻る
  
    
クリニックや薬局の設計において重要なことは、先生やスタッフの働きやすさです。 エックス線をはじめ様々な医療機器、レセプトコンピューターや電子カルテ、またそれぞれの診療科目により配慮する点は無数にあります。
設備面においても、動線におていも、積み重ねた経験が私達にはあります。
  
診療所処置室
耳鼻科診察室眼科検査室
シンクはフルオーダー、収納や検査の動きに合わせて製作します。効率よく働けることが大切です。動きやすいレイアウト、疲れにくい家具のアドバイスまでお手伝いさせていただきます。
  
整形外科リハビリテーション室婦人科内診室
整形外科リハビリテーション室婦人科内診室
診察科目によって、必要なスペースがあります。機器によっては、電気や給排水の設計には配慮するポイントがあります。経験のある業者に依頼することで、余分な労力を使わずに済みます。医療機器業者の方との打ち合わせのもスムーズです。
 
 
目にとどまるレイアウト、印象は窓口から。
 
トップに戻る
    
    
入りにくさを感じさせず、さりげなく院内のプライバシーは守る。人目を引くデザインも重要です。
    
入口入口入口
看板・フロントシートすべてオリジナルデザインです。
 
お待たせした時も気持ち良くしていただくために
 
トップに戻る
         
    
照明も重要な役割をはたします。寛いでいただく為に・・・。
    
待合室待合室
海老名市Eレディースクリニック横浜市N皮膚科医院横浜市Yクリニック
 
  • クリニック、薬局の内装施工実例
  • クリニック、薬局の内装実績
  • クリニック、薬局の内装q&a
工事前と工事後
株式会社エー・エー・シー
営業時間   10:00~18:00
tel  045-341-0735
email  info@aac-design.co.jp